ローコスト住宅の基礎知識 - イメージを固める

ローコスト住宅とは 〜その名のとおり、比較的安い価格で建てられる家〜

一般的にいわれているローコスト住宅は、広さが35坪程度で1000万円台、坪単価でいうと20万円台〜40万円台前半くらい。

部材や設備の大量一括購入を行ったり、設計・施工のシステムを合理化したり、プランやデザインを限定した「規格型」住宅にするなど、家づくりのさまざまな工程でコストダウンを図って、比較的安い価格を実現しているのが特徴です。

各社が提案する規格型の住まいで十分納得のできるプランやデザイン、性能等があれば、こうした家を選ぶのも賢い選択。住宅にかかる費用を抑えることで、そのぶんを趣味や子育てなど、「暮らしをより楽しむ」「将来に備える」などにお金を活用する、という考え方もあります。

費用を抑えて、趣味や子育てにお金を活用する考え方も・・・

ローコスト住宅を建てる工夫 〜間取りやデザインなど、さまざまな場面でコストダウンを〜

あくまでも自由に間取りを考えたいけれど、コストは抑えたい。こうした場合、間取りについては、家全体の平面図を見たときに凹凸のない四角い間取りで、2階建ての場合は1・2階が同じ面積の「総2階建て」にするのが基本。広さが同じ家を比べても、建物に凹凸が多いとそのぶん外壁のスペースが増え、部材の量も手間も余分にかかり、コストアップになってしまいます。

また、設備や部材などは、建築会社が独自のルートで安く仕入れられるメーカーのものを提案してくれるケースが多いので、それを活用するとここでもコストダウンに。空間を細かく仕切らないオープンな間取りにすれば、壁やドア、照明器具やコンセントなどの材料費と、工事の際の人件費も抑えられます。

加えて、床や壁の塗装などを自分たちで行ったり、安い設備を自分で調達して、取り付けだけを依頼するなどの方法もあります。

ローコスト住宅を建てる工夫

ローコスト住宅の注意点 〜建てたあとのメンテナンス費用やランニングコストなども考えて〜

どんなに安く家づくりができたとしても、それが心地よいものでなかった、後の修理などで余計なお金がかかってしまった、というのではコストダウンの努力も無駄なことに終わってしまいます。

そうならないためにも、単に安さを追求するのではなく、「安くて長持ち」するのか、「メンテナンスなどは容易にできる」のかは要チェック。カタログなどで「耐用年数」を確認する、メーカーに直接問い合わせてメンテナンスの頻度や費用などを確認するとより安心です。

システムキッチンやトイレなどの大きな設備を自分で用意した場合などは、その製品の不具合が起きたときの対処は自分で、というケースもあることも知っておくといいでしょう。また、冷暖房費などのいわゆるランニングコストにも配慮を。「大空間はいいけれど、冷暖房の効きが悪くて光熱費がかさむ」ということのないようにしたいものです。

単に安さを追求するのではなく、建てた後の生活も考えて

会社選びのポイント 〜施工した家をきちんと見学させてくれる会社に〜

前出でもご説明したように、ローコスト住宅にするために、建築会社はさまざまな企業努力を行っています。その「わが社の家はなぜ安く提供できるのか」をわかりやすく、納得のできるまで説明してくれる会社がどうか、はひとつの目安。「いい点だけを伝えるのではなく、デメリットまでもきちんと説明してくれたことで信頼感を高めた」という家づくりの先輩たちの声も少なくはありません。

そして、実際に施工したお宅や、施工中の現場を見学させてくれるかどうかもポイント。実際に住んでいるオーナーとお話ができれば、「その会社での家はどうか」のリアルな感想を聞くこともできます。いい家づくりをしてオーナーに喜んでもらっている実績があるからこそ、「施工例の見学を引き受けてもらえる」のですから。

スケジュール・予算・パートナー探しetc注文住宅の建て方がまるごとわかるノート「はじめての家づくりノート」もれなくプレゼント!!建築会社と一緒にかしこく土地を探そう!
土地探しから竣工までの涙の物語 マイ・ファースト・デザイン住宅

注文住宅Q&A

お金・ローンや、家づくりについての質問にハウスメーカー・工務店・設計士などプロがお答えします!

質問を投稿する