特集:価格をおさえて良い家を建てる秘訣とは?

せっかく家を持つなら、注文住宅でこだわりつつ、良い家を安く建てたいものです。となると、やっぱり気になるのは建築費。コストをおさえるための工夫や税の優遇措置など、知って得する情報をご紹介します。

まずは総費用の内訳を知ろう

敷地探しから注文住宅を建てる場合、土地代が総費用の1/2から3/5程度を占めることに。狭小地や変形地など条件の悪い土地は割安ですが、建物のプランニングには高度な設計力が求められ、建築家に依頼する手間と設計・監理費がかかります。同じく斜面や軟弱地盤では、基礎工事費が高くなります。建築費の内訳は材料費と設備費、大工などの人件費で、通常は着工時3、上棟時3、引き渡し時4の割合で支払います。また門扉や造園などの外構工事費は別計算になる場合も。この他に売買契約や工事請負契約、住宅ローンに関する各種の税金や手数料、上棟式などの雑費が必要です。

施主がコスト削減のためにできること

建築費をおさえるために施主がすべき第一歩は、建物プランを徹底的に練り上げること。家に何を求め、どこにこだわるのかを明白にしましょう。そのテーマに沿って、最もコストが安い工法、プラン、材料などを選択します。また、建物プランはできるだけシンプルにすることも重要。安価な規格品の材料がそのまま使え、加工の手間賃も節約できます。外観は立方体や直方体がベター。間取りはあまり細分化しない、2階床と1階天井を兼用にし、梁をむき出しにするなどの工夫で無駄が省けます。内装仕上げや造園は施主自ら行えば、人件費を削減でき、家に愛着も持てます。

価格の秘訣 point1
  • 狭小地、変形地、斜面などは安いが、建築コスト増につながりやすい
  • 家のどこに一番こだわるか、建築プランを十分練り上げることが大事
  • 建物の形状はシンプルにして、間取りもあまり細分化しないのがコツ

ローコスト住宅のカタログから比較・検討する

価格を抑えて良い家を建てる秘訣とは?』は参考になりましたか?
まずは、建設予定地で気になったカタログを取り寄せて、比較・検討してみましょう。

北海道・東北 北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
関東 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬
北陸・甲信越 新潟 | 富山 | 石川 | 福井 | 山梨 | 長野
東海 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重
近畿 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国・四国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄
この記事を読んでいる人にオススメ!